活性酸素とたるみの関係

MENU

活性酸素とたるみの関係

 

よく耳にするようになった活性酸素というのは、非常に不安定な酸素のことでもあります。

 

安定感がないために、ほかの何かについて安定を図る特性があります。

 

その物質は、物の見事に酸化されていきます。

 

フリーラジカルの一種でもあるのが活性酸素ですから、お肌の細胞膜の働きを阻害していきます。

 

こうして皮膚には、酸化した脂質をつくることになります。

 

活性酸素によるお肌への影響

 

活性酸素の悪影響を受けた皮膚細胞の酸化は、さまざまな肌へのマイナスを起こします。

 

シミのもとにもなるメラニン色素を誘発させますので、お肌には多くのシミができます。

 

皮脂の酸化の刺激は、ほかにもニキビの炎症を招きやすくさせますし、さらに悪化させます。

 

活性酸素は真皮層に存在する、エラスチンやコラーゲンやエラスチンを活発に破壊しますので、たるみやしわといった、肌の老化をどんどんはやめていきます。

 

たるみとの関係性は、この酸化現象によって起こることです。

 

こうした皮膚の酸化を防ぐためには、日頃から抗酸化力のあるスキンケア化粧品を使うこともひとつです。

 

紫外線も肌への悪影響をもたらします。たるみやしわの原因になるのは、生活紫外線のUVA波によるものです。

 

波長がとても長いUVA派は、くもり空の日でも地上にめがけて降り注いでいます。

 

窓ガラスなどは簡単に突き抜けます。肌に悪影響をもたらすUVA派は、エラスチンやコラーゲンを壊すので、これもたるみになります。

 

紫外線も体内に活性酸素を増やすため、対策は必要です。