活性酸素と抗酸化サプリメント

MENU

活性酸素と抗酸化サプリメント

 

抗酸化サプリメントは体内で発生し続ける活性酸素を除去・抑制する目的として用いられており、抗酸化成分と呼ばれる種類に該当するものを外部から補給したい場合に最適です。

 

活性酸素は男女問わず体内における生命活動で生成が行われる物質とされ、増加に伴って細胞を酸化させてしまう理由から、老化促進やガンの発症リスクに関連する要素といわれています。

 

サプリメントで活性酸素を抑える

サプリメントとして使われる成分はポリフェノールやアントシアニンがあげられるほか、ビタミンC及びEといったものも比較的高い抗酸化作用を持っています。

 

近年では抗酸化作用を持つ商品としてはサプリメント以外にも水素水などが代表的商品となっていて、これらをうまく活用すれば活性酸素の有害性を抑え、健康で若々しい状態を長く維持できる可能性が高まります。

 

しかし、活性酸素は抑制しすぎる行為も問題が生じるとされており、抗酸化成分を過剰摂取した結果として身体へ悪影響を及ぼす例もあるため、適度な量を継続して摂取する選択が重要となります。

 

活性酸素と上手に付き合う

特に食材にも含まれているビタミン類など、日常生活の食事から摂取が可能な成分は抗酸化サプリメントを用いた際に過剰摂取へ陥る状況が想定でき、副作用による体調の異変を起こさないよう気をつけて扱う心がけが求められてきます。

 

また、活性酸素は増えすぎると身体への有害性を高める一方で、呼吸によって体内へ吸引される酸素が変質したものなので、生成されること自体は極自然な活動であり、過剰な抑制は好ましいといいきれません。